採用情報RECRUIT

先輩の声

伊藤 太郎

2015年入社 建築学科卒

職種:建築職
担当業務:施工管理

仕事の内容

施工管理の主な仕事は、工程管理、品質管理、現場の安全管理、図面のチェック、スケジュール管理、道具や材料の手配、近隣との対応です。今は新築賃貸マンションを担当していて、帰社後も図面のチェックをし、工事の進捗状態を確認しながら、いかに効率よく作業できるかを考えるように心掛けています。職人さんたちとしっかりコミュニケーションをとりながら仕事をすすめていくことが施工管理をする上で大きなウェイトを占めていると思います。作業計画を近隣住民の方たちに理解していただくことも、円滑に施工を進めるための大事な仕事です。

仕事のやりがい

何もない所から建物を建てていく新築工事は構造や規模・工事内容も異なり、担当する業務も多くなるなど苦労もありますが、出来上がった時は何にも代えがたい喜びを感じます。最初は職人さんに考えがうまく伝わらなかったり、スケジュールの管理も大変だったのですが、今は現場の司令塔として工程を踏まえて指示を出し、それが思い通りに進行していくときは充実感を味わえます。自分の仕事の成果が日々確認できるところも魅力の一つです。建物が完成してお客さまから「ユービーエムに任せて良かった」と言っていただけることが何よりうれしいです。

これからの目標

1つの現場だけでなく複数の案件を同時に担当できるようになり、さらに規模の大きいマンションにも挑戦したいです。いままでは、分らないことがあると上司や先輩に確認していましたが、経験を重ねることで判断を任される部分をこれまで以上に広げていきたいと思います。施工管理の一連の工程をワンストップで経験することができる環境にいますので、着実に進歩していると感じます。施工に関するすべての業務を一人でおこなえるようになると仕事の幅も広がり、これまでと違った感動と充実感が味わえるのではないかと期待が膨らみます。

1日の流れ

8:00
現場朝礼、打合せ・段取り確認
9:00
作業チェック・現場確認・図面チェック
10:00
図面チェック(現場にて)
10:30
職人との打合せ
12:00
昼食
13:00
材料手配・現場確認
14:00
現場書類(安全日誌等)の整理・検査書類の作成
16:00
現場清掃・整理
17:00
翌日の打合せ・段取り・工程確認・書類作成

学生へのメッセージ

建築業界は、1日の拘束時間が他の業界と比べると長く、やるべき仕事の内容も多いので大変だというイメージをもたれています。若い人の中には長い時間拘束されるのが嫌だという人もいるでしょう。確かに建築の仕事は大変なところや、厳しいところもありますが、それはむしろやりがいや、成長につながることではないかと感じています。何もないところから建物を造るという達成感を味わうことができ、一つとして同じものがない建築物を手がけるという「ものづくり」の世界は、けっして簡単な仕事ではありませんが、やり遂げた後の充実感は格別です。